NAIバイリンガルサポート|動画でOJT〔介護〕

 NAIバイリンガルサポート TOP  動画でOJT〔介護〕

外国人実習生の受け入れにお悩みですか?

少子高齢化により、日本の介護業界は圧倒的な人材不足に陥ることが懸念されています。現在、外国人労働者の受け入れ拡大方針が決定し、各国から介護人材を派遣する動きが高まっています。 しかし、外国人技能実習生を受け入れている企業の一番の悩みは、

実習生に言葉がきちんと伝わらない

言葉がきちんと伝わらなくて困る人

言葉が正確に伝わっているかわからない

言葉が正確に伝わっているかわからない人

ということです。
そういった声を聴いて、翻訳会社である私たちは、翻訳の力でお役に立つことができるのではないかと考えました。


『動画でOJT〔介護〕』ビデオのご視聴はこちらへ。


『動画でOJT〔介護〕』とは

『動画でOJT〔介護〕』は、介護分野で働く外国人実習生が、母国語の字幕とわかりやすい動画で、介護の基本を学ぶことができるビデオです。介護現場で必要とされる基本知識や介助方法のポイント、介助の目的や注意すべき点などを、一連の流れとして実際に行い説明しています。動画で見ることで理解が早く、字幕で正確に伝わり、日本語のナレーションを聞いて言葉を覚えることもできます。
*介護業界で実績と信頼のある、社会福祉法人 一燈会に技術指導・撮影協力をいただきました。
*「OJT」とは、「On-The-Job Training」の略称で、実際の業務を通して行う教育訓練のことです。

『動画でOJT〔介護〕』プロモーションビデオ

Copyright © NAI,Inc. この動画を許可なく複製・配布することを禁止します。

動画でOJT介護のお問合せはこちら

ビデオ内容

『動画でOJT〔介護〕』は、日本語のナレーションに外国語の字幕を付けた、外国人実習生向けの介護OJTビデオです。お得な日本語版もご用意しましたので、日本人の方にもご利用いただけます。
現在、「介護の基本」「整容」「着脱」「体位変換」「歩行」「車椅子」「食事」の各カテゴリーごとに、様々な介助のOJTビデオをご視聴いただけます。また、「入浴」「排泄」などのビデオを制作中です。ご要望に合わせて、今後も随時追加していきます。
『動画でOJT〔介護〕』は、「NAI外国語動画」サイトにて購入していただけます。

『動画でOJT〔介護〕』のカテゴリー

対応言語

『動画でOJT〔介護〕』は、現在、英語字幕版中国語字幕版ベトナム語字幕版、そして、日本語版を販売しています。今後は、さらに対応言語を増やしていく予定です。
*各言語ページへのリンクは、「NAI外国語動画」サイトへ移動します。

eラーニング

『動画でOJT〔介護〕』はeラーニング形式となっており、動画視聴後には日本語によるテスト問題がランダムに表示されます。これにより、動画の内容や日本語の理解度をテストすることができ、理解できるまで何度でも繰り返し見て学習することができます。
※〈テスト有り〉の表示があるものは、動画視聴後に問題が表示されます。テスト問題は今後も追加を予定しています。

*ご希望の言語で字幕をお付けすることもできますので、お気軽にお問合せください。
*すでにオリジナルの教育ビデオをお持ちでしたら、ご希望の言語で字幕をお付けいたします。「OJTビデオ外国語化」サービス


『動画でOJT〔介護〕』の購入について

月額見放題でいつでも何度でも視聴できる

『動画でOJT〔介護〕』は、「NAI外国語動画」サイトにて、購入・視聴していただけます。現在、英語字幕版中国語字幕版ベトナム語字幕版日本語版を販売中です。
各言語ごとに月額見放題で視聴することができますので、いつでも何度でもくり返し見て学ぶことができます。 購入・視聴するには、先ず「NAI外国語動画」サイトで会員登録が必要です。
*月額見放題とは、毎月の定期的な課金により動画が見放題でご利用できるものです。

お得な法人契約のご案内

『動画でOJT〔介護〕』のビデオ視聴に関して、法人契約のお申込みを承っています。
通常の会員登録での購入は、1アカウント(=メールアドレス)のみの登録となり、複数人での同時視聴はできません。法人契約では3アカウント以上を割引料金で登録できますので、複数人数で視聴される場合は法人契約をおすすめします。アカウントの増減や変更も承ります。詳細はお気軽にお問合せください。


『動画でOJT〔介護〕』のメリット

介護の現場は多忙を極めます。せっかく外国人技能実習生を受け入れたのに、その指導と教育に十分な時間と人手を割くことは難しいのではないでしょうか。 実習生は日常生活レベルの日本語は教育を受けていますが、まだ理解が未熟なために、同じことを何度も言わなければならなかったり、間違った認識のままで作業を覚えてしまうこともあるかもしれません。介護分野の人材不足を解消するには、いかに言葉の問題を乗り越えて、スムーズに外国人実習生のサポートができるかが大きなポイントです。

教育に費やす人手と時間を削減

『動画でOJT〔介護〕』のビデオによる教育なら、言葉が伝わらない問題も、人手が足りない問題も解決できます。日本語の理解や介護技術がまだ未熟な実習生には、わかりやすい母国語の字幕付ビデオを何度でも繰り返し見てもらい、介護の基本や手順を学習してもらうことができるのです。

eラーニングで繰り返し学習できる

『動画でOJT〔介護〕』のビデオは、PC・タブレットやスマホでいつでも視聴できます。視聴後にテスト問題がランダムに表示されますので、理解できるまで何度でも学習することができます。
また、介護の基本を学ぶと同時に、日本語のナレーションを繰り返し聞くことにより、耳から日本語の「声掛け」や言葉を覚えたり、画面の日本語を見て単語や漢字を覚えるなど、日本語を学ぶことにもなります。

また、『動画でOJT〔介護〕』のナレーションはすべて日本語ですので、各外国語字幕版ビデオ1つで、外国人実習生と日本人スタッフの方どちらにも利用していただける利点があります。

動画でOJT〔介護〕のメリット

ご不明点など、お気軽にお問合せください。

動画でOJT介護のお問合せはこちら

『動画でOJT〔介護〕』制作の背景

日本では少子化により生産年齢人口が減少し、将来的に深刻な労働力不足に陥ることが懸念されています。一方で、高齢化率(65歳以上人口割合)は上昇しますので、介護人材は圧倒的に不足します。政府は外国人技能実習生の受け入れ体制を拡大し、その対象分野に「介護」を追加しました。介護人材のすそ野が広がると期待される一方で、課題もたくさんあります。

外国人技能実習生受け入れの問題点

実習生を受け入れるメリットは、やはり介護職員の不足による仕事量の負担を軽減できることです。介護職員の仕事への不満を少なくし離職者を減らすことも大きな目標です。そして実習生にとっては、日本の高度な介護技術を習得して自国で役立てることできます。

一方、課題も山積みです。実習生は定められた講習・実習を受けてはいますが、日本語や介護のスキルはまだまだ未熟ですので、受け入れ側でかなりのサポートをする必要があります。特に言葉の問題は大きく、コミュニケーションがうまく取れないことは、お互いのストレスになるだけではなく、高齢者の健康面の管理に支障がでるようでは大問題になりかねません。

また、実習生の日本での在留期間は最長5年です。在留期間の限られた実習生には、1日でも早く仕事を覚えて戦力になってもらいたいところです。しかし、多忙を極める現場では、教育や指導に十分な時間と人手を割くことができるでしょうか。

グローバル化する介護人材

正確な翻訳×わかりやすい動画

翻訳会社である私たちは、将来的にグローバルな労働力が必須となるであろう介護分野に、翻訳で力になれることがあると確信して介護版『動画でOJT』を制作することを決定しました。テキストや画像の何千倍もの情報量をわかりやすく伝えることができる動画と、翻訳会社の本領である正確な外国語字幕の組合わせは、外国人技能実習生の教育に必ず役立てていただけるはずです。

この『動画でOJT〔介護〕』を制作するにあたって、縁があって社会福祉法人 一燈会に技術指導・撮影協力をいただくことができました。また、制作スタッフ一同、将来自分たちの身にも必ず降りかかる「介護」に対して真剣に向き合い制作に励んでおります(現在も引き続き制作中です)。

動画でOJT〔介護〕撮影中

詳細はお問合せください。

動画でOJT介護のお問合せはこちら

介護業界最大の展示会「CareTEX」に出展

展示会CareTEXブース設営後
動画でOJT介護のデモ中
ブース前で説明中
〈 展示会雑感 〉

2/6(水)~2/8(金)の3日間、東京ビックサイトで開催されました介護・健康ビジネスに関する総合展示会「東京ケアウィーク CareTEX2019」に、当社が「動画でOJT®介護」のお披露目を兼ねて初出展をしました。

歩行を助ける手すりや車椅子などの従来からの介護設備/機器から、癒し系AIロボットや介助支援ロボットスーツなど先進機器まで、多様な機器/設備の展示が主体でしたが、外国人労働力の日本市場開放の流れに乗って、アジア各地の働き手と日本の施設を結ぶ人材関連の出展も数多く見受けられました。 翻訳会社が外国人の方向けに教育動画を提供すると言う当社の出展は、その流れの中の一つかと思います。日本の介護技術は世界トップクラスとの評価は定着しており、その繊細な技術を海外から来られる方に如何に分かり易く伝えるか?が当社のテーマでもありました。

一方で、評価の高い日本の介護技術を学びたい、熟練の介護職員の方に技術指導してほしい、といった海外の方のニーズの多いことも、今回の展示会に於いて肌で実感しました。
特に春節の休暇時期と重なった為か、中国からの来日・来場者が本当に多く、当社のブースにも「動画を中国で普及する手伝いをさせてくれ。」と言ったご提案を数多く頂きました。

手前みそながら、当社の社是の中に「異なる文化、異なる言語を結びつけ、笑顔を届ける社会的役割を担います。」と言う一条があるのですが、正しくそれを実感した展示会でした。
日本の誇るべき介護技術、介護機器、経営ノウハウなどを世界の高齢者の方々の笑顔を増やすために役立てる事ができたら、日本人としても誇らしく、嬉しい事ですね。



動画でOJT〔介護〕 ページトップへ